投資

【仮想通貨】Libraとは一体何なのか?【ニュースを紐解く】

2019-06-19

【仮想通貨】Libraとは一体何なのか?【ニュースを紐解く】

こんにちは、やっぴー(@torinoolympic) です。

2019年6月18日に発表された、Facebook発の仮想通貨Libra(リブラ)

一斉に日本でも報じられたビッグニュースです。

  • 一体Libraとは何なのか?
  • 既存の仮想通貨と何が違うのか?
  • どういうインパクトがあるのか?

こういった観点で、本家アメリカのニュース記事を読み解きながら解説をしていきます。

 

【仮想通貨】Libraとは一体何なのか?【ニュースを紐解く】

Libraってそもそも何?

CNNのサイトで分かりやすく書かれていたので紹介します。

Libra is a digital currency powered by blockchain that is set to launch next year. An independent organization composed of representatives of up to 100 companies and nonprofits — not Facebook alone — will govern the currency.

ーCNN.comより

Libraは2020年に提供開始となるブロックチェーン技術を用いた仮想通貨です。

Libraを運営するのは、Facebookが単独というわけではなく、100近くの企業と非営利団体が参加する独立団体が運営することになります。

Facebook単体でやると、最近もずさんな情報管理で話題になったりしたので怖いなーとは思いますが、Libraは独立団体が運営しているので、安全は保証されているといっても過言ではないでしょう。

また、Facebook創業者のザッカーバーグ氏は先月行われた開発者カンファレンス「F8」にて次のように言っています。

Zuckerberg said he wants to make sending money as easy as sending a photo: digital, immediate, free and secure.

ーCNN.comより

「写真を送るのと同じくらい簡単にお金を送りたい。デジタルで、即時、無料、かつ安全に。」

これが実現できたら金融の世界の今までの常識が変わりそうだよね。

実際に、LibraのデジタルウォレットのアプリはFacebookメッセンジャーやWhatsappとリンクして、画像を送るのと同じような形でお金を送金できるようにすることが予定されています。

また、今までの投機対象のイメージが強かった仮想通貨とは違い、価値が担保されているため、安全にLibraを保持・使用することが可能です。

 

Libraのインパクト

現在、仮想通貨の口座を持っている人が世界に何人いると思いますか?

正解は、約3,500万人と言われています。

一方で今回Libraを発表したFacebookには全世界で24億人のユーザーがいます。

これはすなわちLibraの潜在顧客が24億人いるということなので、現在の約700倍もの顧客が使い始める可能性があるというだけでもLibraの与えるインパクトの大きさが計り知れないということが分かるはずです。

Libraのプロジェクトを率いているデービッド・マーカス氏はLibraの可能性について話しています。

"Libra's mission is to be a simple, global currency and financial infrastructure that empowers billions of people," said Facebook's David Marcus, who runs Calibra and headed up the Libra project. One of the aims of the project is to help the 1.7 billion people around the world who don't have bank accounts access a stable currency and financial services.

ーCNN.comより

Libraのミッションは単純だ。国際通貨と金融インフラで何十億人もの人を助けたい。そしてLibraの目標は、銀行口座を持っていない17億の人たちに安定的な通貨と金融サービスを提供することだ。

今までは仮想通貨というと投機対象のイメージが強かったですが、Libraの出現によって、仮想通貨がより日常生活に近いものになっていくことは間違い無いと思います。

 

FacebookはどうやってLibraから儲ける?

Libraが世間に与えるインパクトを紹介しましたが、Facebookにはどのような利益をもたらすのでしょうか?

FacebookはCalibraという会社を立ち上げており、Libra関係のサービスはCalibraが担当します。

例えば、最初に述べたLibraのウォレットはCalibraが担当しています。それらはMessengerやWhatsappとリンクしますが、同時にリンクしなくても使えるウォレット単体のアプリも用意される予定です。

儲け方については、CNNのサイトでこのように言及されています。

For starters, the Calibra wallet app will allow users to send each other money — sometimes it will be free, and sometimes the app will charge a small fee (i.e. revenue for Facebook). Facebook has not specified when it will charge for transfers. But, that fee will still be much less than a wire transfer across the world would be and it'll be instant.

ーCNN.comより

初期段階では、Calibraのウォレットアプリを使用して送金すると、手数料が無料の時もあれば、少額が手数料として引かれる時もあるということです。Facebookは送金の手数料をいつ課すか決めていませんが、今の国際送金よりはるかに安く、はるかに速いです。

手数料がいくらかというよりも潜在顧客数に注目すべきです。

潜在顧客数が24億人なので、1人から1ドル徴収するだけでもすごい金額になりますよね。

しかも17億人は銀行口座を持っていないわけなので、Libraに頼らざるを得ない状況であると考えると更に手数料収入が増えそうです。

いいところに目をつけましたよね!

 

Libraの安全性は?

Libra自体は他の仮想通貨と同様に、ブロックチェーン技術によってお互いがお互いを監視し合う体制でその透明性が守られています。

FacebookはCalibraによって個人情報を悪用することはないと強調しています。

Facebook said Calibra will not share users' financial data with Facebook except in "limited cases" and will not use it for targeted advertising. Facebook has also said Calibra will have the same kind of verification and anti-fraud processes that banks and credit cards use.

ーCNN.comより

Calibraが金融データをFacebookと共有することはないし(「限定的な場合」は除く)、ターゲット広告で使用することもない。また、Calibraは銀行やクレジットカードで使用されているのと同じ検証と不正防止プロセスを実施する。

今の段階では、かなり安全性が高いと言っていいと思います。

 

Libraまとめ

一言でまとめると、Libraとは世界を変える可能性のある暗号通貨です。

それは、以下の理由からです。

ポイント

  • Libraは世界の超有名企業が集まって運営される。
  • ステーブルコインで価値の変動が少ない。
  • 銀行口座を持っていない人でもお金を送金することができる。
  • 潜在顧客数が地球上に24億人いる。
  • 今のところ安全は確保されている。(始まってみないとわからない)

Libraは数十億人に影響を与えるかもしれないとんでもない代物であることは間違いなさそうです。

運用は2020年からですが、今から注目間違いなしです!

以上になります。




  • この記事を書いた人

やっぴー(YAPPY)

33歳、和尚兼フリーランス。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。テーマはダイエット、留学、英語、メルカリ必勝法など、自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

現在、30kgのダイエットに挑戦中!

-投資

Copyright© YAPPY BLOG , 2019 All Rights Reserved.