ダナン・ホイアン2019

【ベトナム・ダナン旅行記③】ホイアン土産を物色し、夜のホイアンでSNS映えを狙う

2019年11月のベトナム・ダナンとホイアンの旅行記です。

日本旅行のフリープランのツアーで、4日間の旅程でした。

今回は、その2日目の後半の模様となります。

前回記事(【ベトナム・ダナン旅行記②】五行山に行って、ホイアン旧市街を観光する。)の続きになりますので、ぜひ前回からの続きでご覧ください。

 

【ベトナム・ダナン旅行記③】ホイアン土産を物色し、夜のホイアンでSNS映えを狙う

ベトナム旅行2日目の夕方です。こんにちは。

今から、お土産を物色して、夕食を食べて、夜のホイアン旧市街を散策していきます。

街中がランタンの灯りで包まれる感じが待ちきれません!

とっても興奮しています。

 

お土産@Pheva Chocolate

まずは、妻が目をつけていたPheva Chocolateにお土産を買いに行きました。

ちなみに、ダナンにも店舗があるので、無理してホイアンで購入する必要はありません。

 

外国人のお土産向けの高級チョコレート

12枚入りのパッケージ1つあたり800.000VND(約400円)

チョコレート12枚入りのギフトを4つ購入。

日本語を話せる店員もいましたし、店内はシンプルかつ清潔で、いかにも日本人受けしそうな感じでした。

 

お土産@Mui the Label

妻がカゴバッグが欲しいというので、Mui the Labelというお店へ。

15時にオープンという時間帯がイレギュラーなお店なので、注意。

 

安心して購入できるのが魅力

  • 値札がついている
  • クレカも使用可能

これらの点は、意外とベトナムでは対応していないことが多いです。

なので、ここでは安心して購入できます。

妻は20分くらい物色して、大きめのカゴバッグを購入し、700.000VND(3,350円)でした。

 

夕食を食べる@Ancient Faifo(Little Faifo)

ランタンをゆっくり見たいので、PM6時前に早めの夕食。

Little Faifoという店に入りました。

ネットでは「Ancient Faifo」と言われていたりしますが、Google Mapでは「Little Faifo」で出てきます。

 

何を食べた?

ノンアルカクテルとホワイトローズ、カオ・ラウを頼みました。

外の席で、良い雰囲気です。

カオ・ラウも、オシャレな感じで美味しそう。

入店した時は少し明るかったですが、どんどん暗くなっていき、やがてランタンが点灯します。

食後にデザートをオーダーした時には、こんな雰囲気に。

最高です。

日本ではこんな感じのレストランに行くことはないので、新鮮でしたね。

 

お値段は?

結構、たらふく食べてお会計は529.999VND(2,539円)でした。

少し高めでしたが、これだけの雰囲気を楽しめたら安いものです。

ホイアンで高級感を味わいつつ、コスパの良いレストランは間違いなくここです!

 

ランタン灯る、ホイアンの夜を観光

夕食後、橋を渡り、ホイアンナイトマーケット付近に行きます。

橋を渡す前から、既に川の向こうでランタンがキレイに灯っているので、すぐに分かります。

 

 

小舟に乗った

ちなみに、川を遊覧する小舟にも乗れます。

船に乗りたい時はどうすればいいのか?

チケット売り場は無いので、「船に乗らないか」と勧誘してくる女性と値段交渉をして、合意すると舟に案内されるスタイル。

 

頑張って値切る

だいたい最初は「450 for 2 people」とか言ってきます。

ここでいう450は、450.000VNDのことですね。

ちなみに2人だったら200.000VND(1,000円)が相場らしいので、そこまで値切りましょう。

 

僕は450からスタートして、15分かけて200に値切りました。

船は手漕ぎなので、とっても静かで風情があって良かったですよ。

 

有名なランタンが映えるスポットへ行く

結局、ランタンがキレイになってるのって、ランタン屋さんなんですよね。

なので当然ですが、店番の人がいます。

強者の人は、店番の人にわざと被るようにポジションを取って、店番の人が映らないようにランタンと記念撮影したりしてました。

本当にランタンの色合いがキレイ

荷物になるので買いませんでしたが、一つ記念に欲しかったかも。

 

ホイアンからダナンへ帰る

19時過ぎから雨が降り始めたこともあり、20時にホイアンを去りました。

帰りは、Grabで五行山からホイアンまで乗せてくれたドライバーにLINEで依頼。

値段は、300.000VND(1,500円)

チャーターの交渉方法は、この記事で確認いただけます。

 

「自分でチャーター頼む勇気がないよ!」という方は、KKdayほぼ同じ値段でダナン・ホイアン間のチャーターを頼めます

[sc_Linkcard url="https://www.kkday.com/ja/product/12169"]

 

次回は、レディブッダを観光し、お土産を物色します

今回はここまで。

次回は、リンウン寺でレディブッダを観光し、ダナンでお土産を物色していきます。

ぜひ続きも読んでくださいね!

 

次の旅行記【ベトナム・ダナン旅行記④】レディブッダを観光して、Brewman Coffee Conceptに行く。

人気記事ダナン⇔ホイアン間をGrabで移動し、個別チャーターまでした話

  • この記事を書いた人

YASU

お仕事(国内転職、海外転職)のこと、その他生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-ダナン・ホイアン2019

© 2020 @ / EASE.