ブログ

Affinger5のフッターにTwitterのタイムラインを入れる方法

Affinger5ユーザー「Twitterのタイムラインをフッターに入れる方法が知りたいな。」

 

こんな疑問に答えていきます。

本ページを下の方にスクロールして、フッターを見ていただくと分かるのですが、こんな感じで改造しました。

Affinger5のフッター部分に、Twitterを組み込んでみました。

所要時間は10分程度。

プログラミング知識がなくても簡単にできたので、ぜひ最後まで読んで試してみてください。

 

Affinger5のフッターにTwitterのタイムラインを入れる方法

Twitterのタイムラインをブログに導入する方法を紹介していきます。

簡単なので、サクッとやっていきましょう。

 

①TwitterのPublishサイトにアクセス

まず、TwitterのPublishサイトに行きます。

↓こんな感じのサイト。

「Enter a Twitter URL」と書いてある検索窓に、自分のTwitterアドレスを打ち込みます。

「twitter.com/自分のアカウントID」です。

 

②Embedded Timelineを選択し、サイズを調整する。

このようにEmbedded TimelineとTwitter Buttonsの2つ選択肢が出ますが、左側のEmbedded Timelineをクリック

すると、↓の画面になるので、四角で囲った「set cusomization options」をクリック

すると、↓のような画面になります。

幅は自動的に縮小されるので、高さの調節が必要です。

後はお好みで、背景がライトモードかダークモードか選べます。

参考までに、僕は高さを300にしています。

 

③ブログに貼り付けるコードを取得

設定をいじったら右下の「Update」ボタンをクリックすると、ブログに貼り付けるコードが出現します。

「Copy Code」ボタンをクリックするとコードがコピーされるので、後はこれを貼りたい場所にペーストするだけです。

 

④どこに貼り付けるのか?

WordPressメニューの「外観」⇒「ウィジェット」に行きます。

すると、「フッター右用ウィジェット(2列目)」もしくは「フッター右用ウィジェット(3列目)」という項目があります。

そこに、テキストでコードをぶち込むイメージです。

 

⑤実際にコードを入れる。

左側に「テキスト」があるので、「フッター右用ウィジェット(2列目)」もしくは「フッター右用ウィジェット(3列目)」までドラッグします。

 

そして、ビジュアルエディタではなく、テキストエディタの方に、先ほどコピーしたコードをペーストします。

 

Twitterが埋め込まれた。

すると、こんな感じで、Twitterのタイムラインがブログに埋め込まれました!

SEO的に、ブログは「SNSの影響力」が重要な時代と言われています。

どんどんTwitterで発信して、ブログの順位を上げていきましょう!

  • この記事を書いた人

YASU

お仕事(国内転職、海外転職)のこと、その他生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-ブログ

© 2020 @ / EASE.