バンコク2020

【タイ旅行記②】Yor Yak Hostel~アジアティークへ【一人旅】

2020年3月7日、14時頃。

僕は、バンコク・ドンムアン国際空港にいます。

一人旅で気ままに行き先を決めたかったので、ドンムアン空港に着いた時点では何も決めていませんでした。

この時点での思考回路としては、とりあえずご飯⇒宿にチェックイン⇒夜どこかに遊びに行けたらいいなぁ…くらいです

 

【タイ旅行記②】Yor Yak Hostel~アジアティークへ【一人旅】

本記事のあらすじはこんな感じ。

  • まずは腹ごしらえ
  • リモバスに乗る
  • BTSに乗る
  • Yor Yak Hostelにチェックイン
  • バイタクに乗る

 

まずは腹ごしらえ

3月7日、14時頃。

到着後、両替とSIMの購入を済ませたので、まずは腹ごしらえです。

いろいろ調べた結果、ドンムアン空港第2ターミナルの4Fにあるフードコートで食べることにします。

 

プリペイドカードを手に入れる

まずは、プリペイドカードをゲットします。

カードについては、無言でお姉さんにお金を渡すと、チャージされたカードをくれるだけの至ってシンプルなシステムなので簡単。

 

お店でオーダー

日本食から洋食までいろいろありましたが、せっかくのタイなのでタイっぽいところをチョイス。

写真の真ん中の上の、90バーツ(≒315円)の牛肉飯を頼みました。

 

好きな席で食べる

出来上がるのに5分くらい待ちました。

これを持って、席に戻って食べます。

味は意外とクセが少なく、食べやすいものでした。

量は少なめなので、人によってはサイドメニューも何かあるとベターです。

 

リモバスに乗る

3月7日、15時頃。

食べ終わったので、ホテルに移動します。

今回はリモバスでPhaya Thai駅まで行き、BTSでWongWian Yai駅まで行って、ホテルに行くというルートをたどりたいと思います。

 

リモバスの値段

ドンムアン空港⇒Phaya Thai駅までのルートで、150バーツ(≒525円)です。

購入場所は、リモバスのカウンター。

ドンムアン空港はそんなに広い空港ではないので、到着ロビーを歩いていたら見つかると思います。

 

リモバスの雰囲気

リモバスというくらいなので、僕が想像していたのはキレイな大型バス。

現実は、こんな感じのマイクロバスっぽいバスでした。

お客さんは10人前後でした。

 

Phaya Thai駅に到着

3月7日、16時頃。

高速道路を走り、途中、カオサンロードを経由して乗客を降ろしたりしながら、Phaya Thai駅に到着。

ここからはBTSでWongWian Yai駅まで向かいます。

 

BTSに乗る

目指すはWongWian Yai駅。

BTSの乗り方は、別記事にて解説しているのでここでは割愛させていただきます。

【バンコク・BTS】改札の通り方・切符の買い方を解説【スカイトレイン】

バンコクは旅行者に優しい都市です。 物価が安く、都心のショッピングモールはとてもキレイで、何と言っても公共交通機関が使いやすいです。   観光客が使い ...

続きを見る

 

WongWian Yai駅に着いたら、駅から目と鼻の先です。

 

Yor Yak Hostelにチェックイン

3月7日、16時半頃。

無事、Yor Yak Hostelへ到着

チェックインは、英語でスムーズにできました!

Yor Yak Hostelの感想は、別記事にて紹介しています。

【バンコクおすすめホテル】Yor Yak Hostelをレビュー

2020年3月7日~8日にかけて、バンコクのYor Yak Hostelに宿泊しました。 どのような設備だったのか、また宿泊してみての感想をお伝えしていきます。 ...

続きを見る

 

Yor Yak Hostelで、しばし休憩

3月のタイの昼間は暑い

移動するだけでも疲れたので、しばし休憩。

同時に、夜何するかを考えました。

考えた結果、アジアティークへ行くことに決定。

 

バイタクに乗る

休憩して体力も回復したので、アジアティークへ向けて出発です。

調べたところ、電車では無理そうだったので、無難にGrab。

ただGrab Carでは面白くないなと思ったので、Grab Bikeに挑戦。

いわゆるバイタク(バイクタクシー)です。

 

バイタクは安全?

Grabで運営されているだけあって、ヘルメット有り

そして意外とスピード控えめの安全運転

無理なすり抜けなどもなく、安全面は気になるところはありませんでした。

 

バイタクの乗り心地は?

内ももが痛くなりました(苦笑)

掴むところがないので、内ももで椅子をホールドするしかないからです。

まあ…決して乗り心地が良くはないです。

 

バイタクの値段は?

15分くらい乗って、57バーツ(≒200円)でした。

Grabで車を手配すると倍はかかるので、一人で移動するなら安く済ますことができるのがGrabバイクの良い所。

 

いよいよアジアティーク観光

今回はここで終了。

次回はいよいよ、夜のアジアティークを観光します。

 

続きはこちら【タイ旅行記③】

人気記事バンコクで絶対行って欲しい観光スポットを写真多めで紹介してみた

  • この記事を書いた人

こーばく

ブログ、YouTubeの人。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-バンコク2020

Copyright© 主夫旅 , 2020 All Rights Reserved.