仕事

「仕事辞めたい!」理由と対処法を解説【辛いなら転職すべき】

2020-04-29

仕事に疲れた人「仕事辞めたい。みんな仕事をどんな理由で辞めているのかな?辞めた後はどうすればいいのかな?」

 

こんな疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は、3回転職を経験しています。

最初の転職の時は

「辞めるのは甘えだ!」「辞め癖がつく!」

上司から心ない言葉をかけられることで、自分の心の中でもやもやと葛藤がありました。

それでも心を決めて転職して、今思い返すと本当に転職をして良かったと心から思います。

そんな僕が、仕事を辞めたいと思う理由、対処法、そして辞める決意をした後どうすればいいかを解説していきます。

 

仕事を辞めたい7つの理由と対処法

  • 人間関係が悪い
  • 激務
  • 仕事内容が合わない
  • 他にやりたいことがある
  • 給料が低い、もしくは上がる見込みがない
  • 昇進が難しそう
  • 業界や会社に将来性がない

 

おすすめ転職エージェント

「もう限界!」という状況だったら、転職して一回気持ちをリセットしましょう。

今の会社で頑張るのも一つの手ですが、外に目を向けると、他にも自分に合う企業はたくさんあります。

「本当に辛くて限界だ!」と悩むくらいなら、一度「転職のプロ」に相談してみませんか?

 

 

人間関係が悪い

パワハラ上司、陰口を言う同僚、言うことを聞いてくれない後輩、同世代がいなくて会社の愚痴を言えない。

精神的に追い詰められるのが、人間関係のやっかいなところです。

 

人間関係が悪い時の対処法

人間関係が悪い時に真っ先にやるべきなのが、部署異動願いを提出すること。

部署異動がすぐには難しそうだったり、そもそも会社の規模が小さくて部署異動しても同じ職場になってしまう。

そのような場合は、すぐにでもその職場から逃げるべき(すなわち転職)でしょう。

我慢して、鬱になるのだけは避けましょう

なぜなら、治癒に年単位の時間がかかる非常にやっかいな病気だからです。

 

激務

残業時間が長い、24時間体制で出勤準備をしておかないといけない、土日も関係なく働く。

肉体的に追い詰められるのが、激務です。

 

激務の時の対処法

まずは、有休を使って1週間くらい休んでみることをおすすめします。

とはいえ、激務の会社で1週間も休むのは無理な場合が多いと思います。

そんな場合は、ダメ元で部署異動を願い出てみましょう。

部署が違うだけで、全く仕事量が違うことはよくあることです。

それでもダメなら転職です。

うつになる前に、その会社から逃げましょう。

 

仕事内容が合わない

人と接するのが苦手なのに、営業職や販売職をするといった例が典型的だと思います。

僕もこのパターンで、人と接するのが苦手なのに営業職についてしまい、本当に毎日が憂鬱でたまらなかったです。

これをずっと続けていると、精神が徐々にむしばまれていき、ある日突然うつ症状になることも。

 

仕事内容が合わない時の対処法

大企業であれば部署異動という手もありますが、「この仕事内容で」と入社している分、異動を願い出ること自体がなかなか難しい場合が多いと思います。

その場合の解決策はただ一つ。

転職です。

転職エージェントとの面談を通じ、自分が本当にしたい仕事を明確にして、新しい仕事を見つけてみてください。

 

他にやりたいことがある

他にやりたいことがあるけど、親に言われてとりあえず就職した。

友達がみんな就活をしているから、なんとなく自分も就職した。

でも、本当にやりたいことは別にあるのではないですか?

人生、ずっと働き続けなければいけません。

一度しかない人生、その仕事で本当に満足ですか?

 

他にやりたいことがある時の対処法

早急に転職することをおすすめします。

なぜなら、やりたいことをするには「若さ」が最重要だからです。

年をとるにつれて家族も増えますし、未経験OKの求人も減ってきます。

今この瞬間が、人生で一番若い時です。

すぐにチャレンジすることをおすすめします。

 

給料が低い、もしくは上がる見込みがない

たとえやりがいがあったとしても、生活が苦しいと元も子もありません。

そして、今勤めている会社での将来の自分の給料は、先輩や上司の給料を聞くと分かったりします。

サラリーマンは会社に自分の時間を提供するビジネスモデルである以上、給料は仕事のやりがいの大事な要素の一つです。

 

給料が低い時の対処法

将来の給料の上限がある程度見えている場合、その会社にいる限り解決はしません。

きっぱり転職を検討しましょう。

 

昇進が難しそう

ある程度の期間勤めていると、その会社での昇進の速度感がなんとなく分かってきたりします。

会社の人事制度の問題、同年代の人材が溢れかえっていることによる出世の椅子取りゲーム化、上が詰まっている状況。

上昇志向があり野心が強い人は、昇進がやりがいとなっている場合も多いです。

野心が強いタイプの人にとっては、昇進が難しそうな状況は仕事を辞めたいと思える理由の一つとなりえます。

 

昇進が難しそうな時の対処法

対処法は2つ。

1つ目は、その会社に残り、出世競争を勝ち切る。

2つ目は、転職し、新たな会社で上を目指す。

転職する際には、自分の今後のキャリアパスを明確に描けるような会社に入社するようにすること。

自分が何を望むのか、条件面をしっかりと転職エージェントに相談して、悔いのない転職をしましょう。

 

業界や会社に将来性がない

社会にはトレンドがあります。

今まで安泰だった産業が時代遅れになることもあるし、逆に、時代の波に乗ってぐんぐん伸びていく産業もあります。

例えば、銀行は安泰の代名詞でした。

しかし今や時代の波に飲まれ、AIに単純業務を任せて、従業員数は削減するなど、安泰とは言えない状況となっています。

一方で、IT業界は今後さらに加速していくでしょう。

 

業界や会社に将来性がない時の対処法

勤めている会社に将来性があるかどうかは、肌感覚でなんとなくわかるはずです。

一番大事なのはトレンドの勉強をする。

それに付随して業界研究を行って、自分の会社に残る価値があるかどうかを見極める。

それで今の会社に残る価値がないと判断した場合は、転職を考えましょう。

その時は、「この分野は伸びる!」と思った業界に絞って転職活動をするべきです。

 

おすすめ転職エージェント

「もう限界!」という状況だったら、転職して一回気持ちをリセットしましょう。

今の会社で頑張るのも一つの手ですが、外に目を向けると、他にも自分に合う企業はたくさんあります。

「本当に辛くて限界だ!」と悩むくらいなら、一度「転職のプロ」に相談してみませんか?

 

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

こーばく

ブログ、YouTubeの人。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-仕事

Copyright© 主夫旅 , 2020 All Rights Reserved.