留学

カナダ短期留学の費用は?【1ヶ月の短期留学を例に元留学生が説明】

2019-10-20

1ヶ月の短期留学の費用はいくら必要か【カナダ短期留学の経験者が語る】

こんにちは、やっぴー(@torinoolympic) です。

近年、海外留学にいく人は年々増加しています。(参照:文部科学省HPの資料より

その中で一番多いのが、1ヶ月未満の短期留学。

かくいう僕も5年間の正規留学(ESL1年→大学4年)に行く前に、日本で大学在学中に1ヶ月の短期留学も経験しています。

そこで、みなさんが一番知りたいであろう「短期留学ってどれくらい費用がかかるの?」という疑問に対し、経験者の視点で紹介していきます。

 

カナダ短期留学の費用は?【1ヶ月の短期留学を例に元留学生が説明】

ざっくり渡航前費用と渡航後費用に分けて説明していきます。

 

渡航前費用

渡航前費用は、ざっくり分けて以下の3つになります。

  1. 航空券
  2. 留学保険
  3. 諸経費

航空券(成田⇔バンクーバーの往復基準。2019/7/13調べ)

Expediaで調べました。

  • パターン1:往復で約12万円(12月のオフシーズン

12/1発、12/31帰着の航空運賃

  • パターン2:往復で約19万円(8月のハイシーズン)

9/1発、9/30帰着の航空運賃

このように、オフシーズンとハイシーズンでは7万円もの差が出てしまいます。
航空券を安く予約したいなら、オフシーズンを狙ってかつ半年以上前に予約するのが定石です。
自分で予約するなら、以下の2つのサイトがオススメ。

取り扱い会社信頼度検索のしやすさ海外ホテル取り扱い一言コメント
JTB安心安全のJTB。
バンクーバーにも支店がある。海外ホテルには弱い。
Expedia主に海外旅行向け予約サイト。検索がしやすく、海外のホテルの取り扱いが豊富。

 

航空券の計算結果

高い方を取って、往復19万円と計算することにしましょう。

 

海外留学保険(1ヶ月分。2019/7/13調べ)

AIG損保の留学保険で試算してみました。

1ヶ月の留学保険目安

 

1ヶ月の短期留学の場合、現地の保険には入れないと考えておいたほうがいいです。
※長期で大学付属のESLや大学に正規留学される方は、現地の保険に加入できる場合が多いので安心してください。

なので、1ヶ月の短期留学の場合は留学保険に入った方がいいでしょう。

 

海外保険の計算結果

値段に関してはどこまで補償をかけるかですが、高い方をとって30,000円としておきます。

 

【パスポート未取得の方】パスポート取得代

既に持っている方はこの項目は無視してください。

 

Study Permit(学生ビザ)に関して

1ヶ月の短期留学の場合は観光ビザで入国可能ですので、Study Permitの取得は必要ありません。

 

パスポート取得料金の計算結果

16,000円かかります。

 

渡航後費用

渡航後費用は以下の5つになります。

  1. ホームステイ
  2. 授業料
  3. 交通費
  4. 通信費
  5. おこづかい

ホームステイ

僕が1ヶ月の短期留学に行ったのはUnversity of Regina(リジャイナ大学)ですので、リジャイナ大学のホームステイの金額をベースに計算していきます。>>リジャイナ大学のホームステイプログラムの公式HP

公式HPによると、短期で受け入れている3週間のプログラムで、ホームステイ代は855CADとなっています。これを単純に1ヶ月に換算すると、1,140CADとなります。

 

ホームステイ料金の計算結果

1,140CAD/1ヶ月

 

授業料

リジャイナ大学の短期留学のプログラムはきちんと英語を学びながらも、現地学生 と一緒にカナダの文化を体験することが目的となります。
プログラム代金が3週間で1,621CADなので、単純に1ヶ月換算すると2,161CADとなります。

 

授業料の計算結果

2,161CAD/1ヶ月

 

交通費

市バス乗り放題のパスが97CADとなります。

 

交通費の計算結果

97CAD/1ヶ月

 

通信費

カナダで新たにSIMを契約する必要性はないと言っていいでしょう。
1ヶ月であれば、ホームステイのwi-fi、学校のwi-fi、ショッピングモールのwi-fiで不自由なく暮らせます。
よって通信費は計上しません。

 

おこづかい

多めに見積もって500CADとします。

 

留学中のお金の管理はどうしたらいい?

留学中のお金の管理方法について悩まれる方も多いと思います。

「現地で銀行口座を作った方がいいの?」

「新しくクレカ作って持っていった方がいいんだろうか?」

こればかりは人それぞれなので、正直なところ正解はありません。しかし、5年滞在した経験から、滞在期間別でどのお金の管理方法がベターなのかは大体目星がつきます。

詳細は、カナダの滞在期間別でのお金の管理方法を解説している記事がありますので、参考にしていただければと思います。

 

【結論】1ヶ月のカナダ留学で約56万円かかる

項目金額(JPY)金額(CAD)
航空券190,000-
留学保険30,000-
パスポート取得16,000-
ホームステイ94,1301,140
授業料178,4342,161
交通費8,00997
通信費00
お小遣い41,285500
合計557,858-

※1CAD=82.57JPYで計算。

 

1ヶ月の留学に行く場合、費用は約56万円かかるという結果でした。結構コストがかかりますよね。
約56万円払って行くカナダの短期語学留学の価値は、下記の3点にあります。

ポイント

  • 意外と自分の英語って通じるんだなと気付ける。
  • 外国人と話すことへの苦手意識を取り除ける。
  • 外国の文化に触れられる。

先生や友達、現地学生やホームステイファミリーに積極的にアプローチし、アウトプットの機会を増やすことが英語上達の近道です!
払ったお金に無駄のないよう、しっかり勉強してきてくださいね。

 

留学エージェントを利用して、効率よく留学準備を!

「留学エージェントは高いんじゃないの?」と否定する声もありますが、結論として「効率よく準備するために利用するならありかな」と思います。

事実として、別に留学エージェントを使わなくても留学することは可能ですし(僕はアドバイスをもらう以外、手続は全部自分でやりました)、エージェントを使うからと言って留学費用が安くなるわけでもないです。

じゃあ、留学エージェントを利用するメリットは何かというと「質の良い情報を自分で調べずして手に入れることができる点」かなと思っています。

こんなことを言うと留学エージェントに怒られそうですが…とはいえ、結局留学後は「留学した本人」が道を切り拓いていかないといけないわけで、「全部自分一人で準備してやる!」という気持ちがあれば、別に留学エージェントは不要ですね。

なお、おすすめ留学エージェントは「おすすめの留学エージェント・留学サイト4選【留学経験者が厳選】」にまとめています。
全て無料でカウンセリング可能なので、自分で準備することも検討しつつエージェントの情報もチェックしておくのがいいかなと思います。

おすすめの留学エージェント・留学サイト4選【留学経験者が厳選】
カナダ留学のおすすめエージェント【全て無料!口コミ・評判も】

続きを見る

 

実は…私も相談に乗ることができます【無料アドバイスあり】

ココナラで留学の相談を受け付けております。まずは無料で相談に乗りますので、以下のフォームからメッセージをいただければと思います。

お問い合わせ

 

もしくは直接ココナラからでもOKです。

カナダ留学の相談に乗ります カナダ留学5年!留学の相談に乗ります!

 

以上です。

人気記事カナダ留学生・ワーホリのお金の管理の話【元留学生が解説】

人気記事カナダ留学の期間別費用まとめ【1週間の短期〜1年の長期まで】




  • この記事を書いた人

やっぴー(YAPPY)

33歳、和尚兼フリーランス。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。テーマはダイエット、留学、英語、メルカリ必勝法など、自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

現在、30kgのダイエットに挑戦中!

-留学

Copyright© YAPPY BLOG , 2019 All Rights Reserved.