留学

カナダ留学の費用を詳しく解説【1年間ESLに通った場合】

2019-06-06

カナダ留学の費用を詳しく解説【1年間ESLに通った場合】

こんにちは、やっぴー(@torinoolympic) です。

「カナダに1年間留学したらどれくらい費用がかかるの?」

本記事ではこんな疑問を解決していきます。

この記事を書いている僕は、過去に5年間カナダに留学していました。1年間ESLに通い、その後バンクーバーアイランド大学を卒業し、学位を取得した経験があります。

結論を先に述べると、カナダに1年間ESL留学すると300万円/年の費用がかかります。

ESLの詳しい説明は以下の動画にてご覧いただけます。

 

この300万円がどういう内訳なのか、経験談を交えながら詳しく説明していきます。

 

カナダ留学の費用を詳しく解説【1年間ESLに通った場合】

本記事では、留学費用を大きく2つに分けて説明していきます。

渡航前にかかる費用渡航後にかかる費用です。

 

渡航前費用

渡航前費用は、ざっくり分けて以下の3つになります。

  • 航空券
  • 留学保険
  • 諸経費

 

航空券(成田⇔リジャイナの往復基準。2019/6/6調べ)

Expediaで調べました。

  • パターン1:往復で約15万円(6か月先の12月のオフシーズン)
  • パターン2:往復で約19万円(2か月先の8月のハイシーズン)

安く予約したいなら、オフシーズンを狙ってかつ半年以上前に予約するべきです。自分で予約するなら、以下の2つのサイトがオススメ。

取り扱い会社信頼度検索のしやすさ海外ホテル取り扱い一言コメント
JTB安心安全のJTB。
バンクーバーにも支店がある。海外ホテルには弱い。
Expedia主に海外旅行向け予約サイト。検索がしやすく、海外のホテルの取り扱いが豊富。

 

海外留学保険(1年分。2019/6/6調べ)

AIG損保の留学保険で約20万円/年です。しかし、他にも保険をかける方法はあります。

 

①州の健康保険に加入可能な場合が多い

リジャイナが属するサスカチュワン州では、留学生であれば無料で州の健康保険に加入できます

この健康保険は、歯の治療、目の治療以外は無料となります。

無料で加入できるのに非常に有用なものですので、基本的に医療面ではこちらを利用することになるでしょう。

 

②海外留学保険は全てを網羅

それに対し海外留学保険は、以下の補償が網羅的にカバーされています。

  • 歯や目の治療を含む全治療費用
  • 持ち物を盗難・破損されてしまった時の費用
  • 賠償責任を負ってしまった時の賠償費用
  • 万が一重病や大ケガをした時の両親の駆けつけ費用

 

結論:留学保険は入らないのも全然アリ

州の健康保険に加入できるので、別に高いお金を払って留学保険に加入しなくても、いざという時の健康面の心配はありません。

でもESLレベルの英語力だといざという時怖いということもあるので、僕は1年目のみ海外留学保険に加入しました。

 

諸経費

  • パスポート取得:16,000円
  • Study Permit申請費:150CAD(約12,000円)←円高(現在1CAD=約80円)だと安く済みますね!

予備費込みで合計で50,000円みておけばいいでしょう。

 

渡航後費用

渡航後費用は以下の5つになります。

  1. ホームステイ
  2. 授業料
  3. 交通費
  4. 通信費
  5. おこづかい

 

ホームステイ

ホームステイ代金はリジャイナ大学のホームステイプログラムのページに"Homestay Fee"として詳しく載っています。

  • Placement Fee(俗に言う事務手数料です):225CAD(約18,000円)
  • 1年間のホームステイ代金:30CAD×365日=10,950CAD(約880,000円)

もし、旅行で不在にする時は日々の支払いが15CADになります。これは自分は留守にしていても、荷物などを置かせてもらう「場所代」という認識になります。

よって、ホームステイで1年過ごすと、最大で11,175CAD(約90万円:2019/6/6現在のレートにおいて)かかることになります。

 

授業料

授業料はリジャイナ大学ESLのページに"ESL Program Tuition"として詳しく載っています。

まとめると以下のような感じ。

  • Application Fee(出願料):100CAD(約8,000円)
  • 授業料合計:12,450CAD(約100万円)
  • 175CAD×3学期=525CAD(約42,000円)

参考までに、2018年の3学期分の授業料は以下のようになっています。

Semester Tuition
Spring/Summer 2018 (5月-7月) $4,110
Fall 2018 (9月-11月) $4,170
Winter 2019 (1月-3月) $4,170

 

授業料のまとめ

合計すると、13,075CAD(約105万円:2019/6/6現在のレートにおいて)となります。

 

交通費

大学に近ければ自転車通学が可能なので、たまにバスに乗って街に出る以外はほぼかかりません。もし住む家が大学から遠ければバス通学となります。

その場合のバスの運賃もまた大学のページに詳しく載っています。

 

バスはUpassが激安

リジャイナ大学に通う学生だとUpassというものがあり、87.60CAD(約7,000円)で1学期(4か月)乗り放題というシステムがあります。

これを基準にして考えると、1年乗るとすると87.60CAD×3学期=262.80CAD(約21,000円)かかることになります。

普通に買うと学割でも78CAD/1か月(←1学期ではないよ!)なので、いかにお得か分かると思います。

以上をまとめると、1年バスに乗り続けると仮定すると262.80CAD(約21,000円:2019/6/6現在のレートにおいて)となります。

 

通信費

家にいる時はホームステイのWifi、大学にいる時は大学のWifiが使用できます。今はネット経由でLINEやSkypeで通話ができます。

また、Cornwall CentreでもFree Wifiが飛んでいたりするので、留学先で新たにスマホの契約をしたり、日本からSIMフリーのスマホを持ってきてSIMだけ契約をするみたいなことは、あまり必要ないかと思います。

完全に好みの問題ですが、ここは節約するためにも0円としておきます。ちなみにSIM契約すると、毎月60CADはかかります。

 

おこづかい

学期と学期の間の休みはまとまった時間が取れるので、せっかくカナダに来たのだからアメリカやカナダの他の地域に旅行に行くべきです。1年間の留学中に予算10万円の旅行に2回行ったとしたら、10万円×2回=20万円となります。

また、普段でもCornwall Centreで服を買ったり、友達とレストランやフードコートでご飯を食べたり、パブにお酒を飲みに行くこともあるでしょう。多めに見積もって3万円/月×12か月=36万円となります。

それらを合計すると56万円となります。

 

留学中のお金の管理はどうしたらいい?

1年間の留学の場合はプリペイドカードのNEO MONEYをオススメします。

クレジットカードを使えるところならどこでも決済できますし、ATMで現地通貨を下ろすことも可能で、使い勝手が非常に良いです。

しかもレートがかなり良い!(カナダドルなら、街中の両替ショップと比べて7%OFF!

しかも紛失や盗難時も、365日24時間対応のサポートデスクに電話すればその時点での残高を保証されるので安心。

NEO MONEYの登録はこちら

留学にはコレ!NEOMONEY

  • 発行手数料無料。
  • 紛失・盗難時も365日24時間対応で安心。

 

なるべく節約して、コスパの良い留学を!

カナダ留学は行くべき!

項目 費用/1
航空券 200,000円
海外留学保険 200,000円
諸経費 50,000円
ホームステイ費 900,000円
授業料(テキスト代込み) 1,050,000円
交通費 21,000円
おこづかい(旅行代込み) 560,000円
合計 2,980,000

以上、1年カナダに留学するとざっくり300万円の費用という計算ですね。

この記事ではReginaという田舎町をベースにして計算しています。

あなたがもしVancouverやTorontoなどの大都市に留学するのなら、ホームステイ費や学費、交通費がこれより高くなる可能性も十分にあります。

逆に、留学保険に入らない、航空券を半年以上前に購入するなど、節約できるところを節約すればもう少し減らせる可能性もあります。

うまくバランスをとって、コスパの良い留学をしましょう!

以上です。

 

人気記事カナダ留学の期間別費用まとめ【1週間の短期〜1年の長期まで】

人気記事おすすめカナダ留学エージェント・留学サイト4選【全て無料です】




  • この記事を書いた人

やっぴー(YAPPY)

33歳、和尚兼フリーランス。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。テーマはダイエット、留学、英語、メルカリ必勝法など、自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

現在、30kgのダイエットに挑戦中!

-留学

Copyright© YAPPY BLOG , 2019 All Rights Reserved.