タイ情報 飛行機レビュー

ノックスクート(関空~バンコク・ドンムアン)搭乗記【快適でした】

2020年3月7日。

僕は、関空に来ています。

というか、エアロプラザで前日の夜から泊まっていました。

理由は、関空AM8:30発のノックスクートXW111便に乗り、タイへ行くため。

本記事では、関空発バンコク行きのノックスクート便の搭乗レビューをしていきます。

 

ノックスクート(関空~バンコク・ドンムアン)搭乗記【快適でした】

まず、今回のノックスクートXW111便の基本情報を確認。

搭乗日 2020/03/07
出発地・時間 関西国際空港 AM8:30
到着地・時間 バンコク・ドンムアン国際空港 PM12:45
所要時間 約6時間
運賃 7,470円
受託手荷物 なし
機内持込手荷物 1個(7kg)

受託手荷物なしの、価格重視で一番LCCの恩恵を受けられるタイプのチケットを取りました。

 

今回の航空券の価格

諸税込みで7,470円は安いなと思います。

自分の実家に帰るより安くタイに行けるとか、最高です。

これはちょうどいい時にセールをやっていたおかげなのですが、ここでは説明しきれないので下記の記事を参考にしていただけると嬉しいです。

 

ノックスクートの朝は早い

AM8:30発は、割と鬼畜の所業だと思う。

僕みたいに、行くだけで3時間くらいかかっちゃうような片田舎に住む人にとっては死活問題

そうなると、前泊しかありません。

 

ノックスクートに乗る人は、場合によっては前泊必須

エアロプラザ内で、無料で毛布を借りて野宿できるラウンジは閉鎖中。(2020年3月現在)

「マジかよ!」と思いましたが、そこは冷静になって、代わりにリフレッシュスクエアを使いました。

KIX-ITMカードで利用料を半額になるので、割と安く抑えられて素敵。

価格感としては、6時間で1,300円ちょいでした。

 

チェックインはAM5:30過ぎからできます

寝過ごしたらいけないという気持ちで熟睡はできず、元気な老人ばりに早起きして徘徊しています。

AM5時過ぎの関空国際線ターミナルは、誰もいない。

3時間前からチェックインできると知っていたので、ちょうど3時間前の5時半にFカウンターへ。

まだ朝礼中でしたが、すぐにオープン!

僕は一番安い席だし、お一人様だし、席なんてどこでもいいやーと思って適当に突撃。

そんな僕にも、「お席は窓側か通路側、どちらがよろしいですか?」と聞いてくれました。

迷わず窓側をチョイス。

LCCなのに無料でリクエストを聞いてくれるとは、ありがたい。

ということで、預け荷物も無いので、そのままチェックインは完了。

 

席は45Aです。

 

朝の空港は良い

誰もいない空港。

大きい窓から差し込む朝日。

この空気感が、たまらなく良いです。

とひと時の優越感に浸りながら、3番ゲートまで移動。

誰も乗ってません。

 

いざノックスクートに搭乗!

しばらく3番ゲート近くで、タイの一泊目の宿を予約しつつ待っていると、いつの間にか搭乗時間に。

左に見えるのがノックスクートの機体です。

ペイントがかわいいです。

 

ノックスクートXW111便の機材情報

こんな感じで、配列は3-4-3です。

機材はボーイング777-200ER

 

ノックスクートXW111便の座席の広さ

当時176cm78kgくらいのちょっとぽっちゃりの30代男が乗ると、こんな感じ。

前の席とのピッチは、こぶし1個分くらいあくかなという印象。

そこまで圧迫感は感じませんでした。

 

ノックスクートXW111便の機内エンターテイメントは?

こんな感じで、個人で映画などを楽しめる画面はありません

充電も不可。

なので、自分で機内で楽しめるものを持ち込む必要があります。

僕は、Amazon Prime VideoでJINを1話から見てました(笑)

Amazon Prime Videoは月額500円ですが、こういった旅行に行く前日などにダウンロードをしておけば、機内でオフラインで映画やドラマを楽しめるのが利点です。

安く旅行に行くためにLCCによく乗る方は、まずは無料お試しで使ってみることを強くオススメします。

>>Amazon Prime Videoの無料お試しはこちらから

 

機内食は無し

無料の機内食はありません。

お腹空くなと思う方は、何かつまめるものを用意しておいた方がいいかもしれません。

 

僕はラッキーなことに、3席独占でした

僕はなぜか3席独占だったので、3席分使って横になって寝ました。

6時間くらいのフライトですが、このおかげでものすごく楽でした。

 

感想:値段相応です

今回、僕は一番最低ランクのチケットでした。

しかも値段は7,470円で国内旅行するより安い価格で、関空からバンコクまで移動させてもらうわけです。

確かに、不便なところはあります。

  • 6時間のフライトで、無料の機内食がない。
  • 機内エンターテイメント無し。
  • 充電できない。

でも、値段を考えるとこれで十分でしょう。

 

コスパはむしろ良い

座席はそこそこのピッチが確保されており、CAさんの態度も良し。

カウンターのスタッフさんも窓側通路側のリクエストを聞いてくれました。

これ以上、何を求めるというのでしょうか。

 

とことん値段を追求しつつ、嫌な気分になりたくないならノックスクート

値段が安いと、嫌な気分になるサービスを受けることも無きにしも非ずです。

安かろう悪かろうと言いますか。

でも、ノックスクートは安いけど、良い気分で乗ることができました。

 

ということで、結論。

とことん安く移動したいけど、それなりのクオリティが保たれている航空会社を選びたい人向けなのがノックスクートです。

 

人気記事安い航空券の探し方を解説【場合によっては格安で予約できる!】

人気記事バンコクで絶対行って欲しい観光スポットを写真多めで紹介してみた

  • この記事を書いた人

YASU

お仕事(国内転職、海外転職)のこと、その他生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-タイ情報, 飛行機レビュー

© 2020 @ / EASE.