野球

【コロナ】日本人メジャーリーガーの帰国状況【日本に帰国?それともアメリカに残る?】

2020-04-06

昨今の、コロナウイルス(COVID19)騒動で、メジャーリーグ(MLB)は開幕が延期となっています。

しかも、開幕時期が不明のまま延期になっている、選手にとっては非常に調整が難しい状況。

そんな中、日本人メジャーリーガーは日本に帰るのか?アメリカに残ってトレーニングを積んでいるのか?

まとめてみました。

 

【コロナ】日本人メジャーリーガーの帰国状況【日本に帰国?それともアメリカに残る?】

現状、日本人メジャーリーガーは9人。

  • 田中将大投手(NYY)
  • ダルビッシュ有投手(CHC)
  • 前田健太投手(MIN)
  • 大谷翔平選手(LAA)
  • 平野佳寿投手(SEA)
  • 菊池雄星投手(SEA)
  • 筒香嘉智選手(TB)
  • 山口俊投手(TOR)
  • 秋山翔吾選手(CIN)

各選手のSNSや記事から、帰国しているのか、アメリカに残っているのか探っていきます。

 

田中将大投手(NYY)

まずは、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手。

田中投手は、3月下旬に家族で日本に帰国しています。

「帰国する」という決断に際し、他者に知らず知らずのうちにうつしてしまうことは無いのかと、非常に悩まれたことがツイートから伺えます。

ここまで考えられての決断なので、誰にも叩く権利はないと僕は思います。

 

ダルビッシュ有投手(CHC)

続いて、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手。

逆に、ダルビッシュ有投手は帰国せず、アメリカに残る決断。

ウイルスを仮に持っていた場合、日本に持ち込んでしまってはいけないという考えからだそうです。

「絶対にコロナウイルスを広めてはならない!」という確固たる決意を感じます。

田中選手の決断も尊重すべきですが、ダルビッシュ有投手の決断も素晴らしい物だと思います。

 

前田健太投手(MIN)

先日、ロサンゼルス・ドジャースからミネソタ・ツインズに移籍したばかりの、前田健太投手はどうでしょうか?

こんな感じで、お子さんとほのぼのとアメリカで#StayHome中であることが伺えます。

前田投手は、外出禁止をするようにSNS等で呼び掛けています。

影響力のある人がそういった発信をしてくれると、我々に届くのでとっても良いことだと思います。

 

大谷翔平選手(LAA)

今年、トミージョン手術からの投手復帰を目指す、大谷翔平投手はどうでしょうか?

公式のSNSが無く、選手本人からの情報がありませんでした。

しかし、NHKの記事によると、投手復帰を目指すためにアメリカでトレーニングを積んでいるらしいです。

いかにも大谷選手らしいなと思うのは、僕だけでしょうか?

 

平野佳寿投手(SEA)

アリゾナ・ダイヤモンドバックスからシアトル・マリナーズに移籍した平野投手。

View this post on Instagram

報道でご存知の通り、コロナウイルスの影響で今シーズンの開幕が延期、スプリングトレーニングも中断されることになりました。 球団の施設も閉鎖されてしまったので、僕は自宅のあるアリゾナの公園などでランニング、キャッチボールをメインにトレーニングを続けています。(1枚目の写真は自然の傾斜を使った仮想ブルペンです!) 今まで経験したことのない状況なので難しさもありますが、皆さんの前でプレーできることを楽しみに自分の出来ることを毎日積み重ねたいと思います。 日本も大変な状況だと思いますが、この苦境をみんなで乗り越えましょう!

A post shared by Yoshihisa Hirano(平野佳寿) (@yoshihirano66) on

アメリカの公園で、トレーニングを続けている模様です。

 

菊池雄星投手(SEA)

先ほどの平野投手とシアトル・マリナーズでチームメイトの、菊池雄星投手。

菊池投手も、本人のSNSがなかったのでスポーツ新聞の記事頼み。

先ほどの平野投手と同様に、アメリカに残り、トレーニングを続けている様子です。

 

筒香嘉智選手(TB)

2020年からMLB挑戦をするタンパベイ・レイズの筒香選手。

筒香選手は、3月24日に日本に帰国しました。

アメリカでは限られたトレーニングしかできないので、苦渋の決断だということが読み取れます。

今年がルーキーイヤーなので、コロナに負けずうまく調整をしてほしいところです。

 

山口俊投手(TOR)

同じく、2020年からMLB挑戦をするトロント・ブルージェイズの山口投手。

山口投手も、筒香選手と同じく3月24日に日本に帰国しました。

山口投手の場合は本拠地がカナダのトロントであり、カナダがコロナウイルス拡大阻止のため外国人の入国拒否をした結果、本拠地に戻れなくなってしまいました。

そんな理由もあっての帰国であると思います。

山口投手も、日本でうまく調整して、MLB挑戦を成功させてほしいと思います。

 

秋山翔吾選手(CIN)

2020年からMLB挑戦するシンシナティ・レッズの秋山選手。

2020年MLB挑戦組の中では、一人だけアメリカに残留しています。

今後も、日本帰国時とアメリカ入国時に合わせて2週間の待機期間があることを鑑みて、日本に帰国することを考えてはいないそうです。

アスリートは体が資本で、1年無駄にすると1年歳を取ってしまいます。

なんとかコロナが収まり、シーズンが行われることを祈るしかありませんね。

 

まとめ:アメリカに残る選択肢の方が多かった

日本人メジャーリーガー総勢9名のうち、

  • 日本帰国が3名
  • アメリカに残っているのが6名

という状況。

 

東京オリンピックも延期になり、スポーツイベントどころではない騒ぎになっています。

MLBも2020年のいつ開幕するのか、はたまた2020年はもう開幕しない可能性も無きにしも非ずです。

そんな状況の中でも、必死で調整に励む選手たちをこれからも応援していきたいと思います。

  • この記事を書いた人

こーばく

ブログ、YouTubeの人。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-野球

Copyright© 主夫旅 , 2020 All Rights Reserved.