生活情報

【コロナの一律10万円給付】10万円の賢い使い道10選

10万円の使い道を知りたい人「一律10万円の支給があるけど、一体何に使う?有意義な使い方があれば教えて欲しいな。」

 

こんな疑問に答えていきます。

2020年4月16日のニュースで、1人10万円の一律給付の流れになりそうだという話が流れました。

当面の生活が立ち行かない人は、生活費に全て使うという人もいるでしょう。

今年はボーナスが期待できないから、当面は口座にキープしておくという人もいるでしょう。

本記事ではそういった方向けではなく、純粋にこの10万円を消費しようとしている方向けに、本当に有意義な消費の仕方を紹介していきます。

 

【コロナの一律10万円給付】10万円の賢い使い道10選

僕の「お金を有意義に使う」という定義は、この10万円を元手に財産・知識・利便性を高めることです。

財産・知識・利便性を高めることにフォーカスして、10万円の有意義な使い方を10個紹介していきます。

 

オンライン英会話で語学力UP

僕はカナダへの留学歴5年なのですが、そんな僕が思うに、英語は実際に場数を踏まないと上達しません

ちょっと前までは、ECCとかイーオンとか、実際に店舗へ行かないと英会話できませんでした。

しかし今は、オンラインで簡単に世界中の先生と英会話をすることが可能になりました。

 

目的は何でもいい

英会話を学ぶ目的は何ですか?

旅行で話せたらいいな、会社の昇進試験で必要、TOEICの点数を上げたい、何でもいいです。

とにかく目的をもって、先生と話しまくりましょう。

最初は恥ずかしいですが、絶対すぐに慣れます。

 

おすすめオンライン英会話

とりあえず最大手のこの2社をチェックしておけば間違いないです。

どちらも似たようなサービス内容で、大差はありません。

価格はコース内容にもよりますが、月6,000円弱~と安いです。

10万円あれば、1年以上利用可能。

迷ったら、25分の授業を2回無料で受けられるレアジョブ英会話で、まずは無料体験してみてはいかがでしょうか?

 

株を買う【リスキーだがリターンを見込める】

10万円の有意義な使い道、一番最初は「株を買う」ことです。

まずは、直近(2020年1月~4月)の日経平均株価をご覧ください。

 

2020年初頭には24,000円をつけていた日経平均株価が、一時17,000円付近まで爆下がりしています。

全体的に株価が下がっている今、景気が悪化したとも言える一方で、相場よりも安く株を買うチャンスとも言えます。

なので、10万円を株の購入に費やすのは、かなり良い選択肢であると思います。

ただ株価の値動きは誰にも分からないので、自己責任であることはご承知いただきたいと思います。

 

株を買う【リスキーだがリターンを見込める】

オススメの買い方は、配当金や株主優待のある銘柄を買うことです。

差益を狙うのも良いですが、やはり長期で保持するのを前提で、配当金や株主優待を狙うのが比較的安全な買い方と言えます。

株を買う時にはネット証券が圧倒的にオススメ。

対面の証券会社で高い手数料を払うのは無駄なので、必ずネット証券で手数料を抑えましょう

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

 

全部お任せしたい人は

全部お任せする分、手数料が1%と少しだけ高めですが、Wealth Naviというサービスもあります。

お金を入金して、設定を少しするだけで運用は全てお任せなので、ここから投資の世界に入るのも全然アリです。

>> Wealth Naviの公式HP

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

YASU

お仕事(国内転職、海外転職)のこと、その他生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-生活情報

© 2020 @ / EASE.