ダイエット

手っ取り早く痩せる方法を紹介【30kg減に成功した体験談】

2019-12-21

手っ取り早く痩せる方法を紹介 【これで30kg減に成功した】
手っ取り早く痩せたい人「手っ取り早く痩せる方法ってあるのかな?実際にダイエットに成功した人に手っ取り早く痩せる方法を聞いてみたいな。」

 

こんな疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は、ダイエットを5ヶ月半やって、30kgの減量に成功しました。

 

YouTubeでも、ダイエットの秘訣について語っています。

 

 

結論から言うと、以下の3つのことをすれば、手っ取り早く痩せることができます

  • 炭水化物を全カットする。
  • カロリーを1,000kcal/1日に制限する。
  • 毎日、1km10分ペースで30分歩く。

 

僕はこれらを愚直に5ヶ月半継続してきて、30kg痩せることができました

 

そんな僕が、手っ取り早く痩せる方法を紹介していきます。

 

手っ取り早く痩せる方法を紹介【30kg減に成功した体験談】

手っ取り早く痩せようと思ったら、以下の3つのことをやります。

  • 炭水化物を全カットする。
  • カロリーを適切に制限する。
  • 毎日、1km10分ペースで30分歩く。

 

炭水化物を全カットする。

まずは主食となる炭水化物を全てカットするところから始めます。

 

主食になりうる全ての炭水化物が対象になるので、

  • ご飯
  • パン
  • 麺類

これら全て、口にすることをキッパリやめます。

 

主食の代わりに食べるべきもの

「主食を抜いたら、お腹空くじゃん!」という方。

炭水化物の代わりに、野菜や鶏ムネ肉を摂取することでお腹を満たしてください。

鶏ムネ肉はダイエット中に摂取しても大丈夫です。

僕は1食あたり150gを目安に食べていました。

 

理論的に効率がいいから炭水化物を抜く

主食となる炭水化物を完全に抜く理由は、2つあります。

 

まず1つ目は、炭水化物を抜くと、無駄に血糖値が上がらなくなるので、効率的に脂肪を減らしやすくなるからです。

太る=脂質の摂取」と考えられがちですが、僕は違うと思っています。

 

僕が自分の体でいろいろと試してきた結果、実は糖質の方がダイエットに悪いと思っています。

以下の動画で、糖質をなるべく避けて、脂質は気にせずに摂取してどうなるかを試しました。

その結果、丸4日で3kgの減量に成功しました。

 

理論的にも、血糖値の上昇はインスリンの分泌を促し、最終的に脂肪蓄積につながるということが言われています。

このように、理論や実際の僕の経験から、排除するなら糖質だという風に結論づけます。

 

やるなら徹底的にやった方が継続しやすい

2つ目は精神論になりますが、中途半端に食べるのは、かえって精神衛生上良くないからです。

 

例えば、米は1日100gまでと決めたとしましょう。

やる気がある時は毎回100gをはかってから食べますが、一体どれくらいの人が続くのでしょうか?

 

ほとんどの人は、その内100gを計測するのが億劫になってきて、最終的には重量を計らずに普通に食べるようになってしまうのではないでしょうか。

つまり、あくまで最後までやりきることが目標なので、最後まで継続するためにも、やるなら徹底的にやるべきということです。

 

カロリーを適切に制限する。

糖質を抜くと同時にすべきことが、カロリーを適切に制限することです。

糖質をいくら抜いても、1日で3,000kcal摂取したのでは全く意味がありません。

効率よく、手っ取り早く痩せるためには、摂取カロリーを抑える必要があります

 

基礎代謝を知り、必要摂取カロリーを計算する

基本的な公式はこんな感じです。

1日のカロリー収支=(摂取カロリー)ー(基礎代謝+消費カロリー)

基礎代謝は、安静にしていても最低限消費するカロリー量のことです。

 

この基礎代謝に、運動での消費カロリーを加えたのが、その日の総消費カロリーになります。

摂取カロリーから総消費カロリーを引くと、その日のカロリー収支を計算することができます。

 

ここで大事になってくるのは、カロリー収支がマイナスになるように摂取カロリーの調整をすることです。

もし、カロリー収支がプラスになっていたら、摂取カロリーが消費カロリーを上回っているので、改善の余地ありということになります。

 

カロリーを「適切」に制限するとは?

僕が実践していたのは、1日のカロリー収支をマイナス1,000kcalにすることです。

これは割と達成しやすい数字だと思っています。

基礎代謝が1,700kcalの場合、運動で300kcal消費すれば、1,000kcalまでの食事制限で達成可能だからです。

 

先ほどの公式に当てはめるとこんな感じ。

1日のカロリー収支(-1,000kcal)=(摂取カロリー:1,000kcal)ー(基礎代謝:1,700kcal+消費カロリー:300kcal)

 

カロリーを「適切」に制限するとこういう結果になる

人間は、1kgの脂肪を削るのに7,200kcalの消費が必要です。

だから、1日1,000kcalずつマイナスを積み上げていけば、計算上は1週間で1kgの脂肪を落とすことができるということです。

 

実際はどうなのかというと、日々の体の水分量などに左右されながら、体重が減らない日もあれば、一気にストンと落ちたりといった感じを繰り返しながら徐々に落ちていきます。

そんなこんなで、この5ヶ月半は1ヶ月あたり平均5.5kgずつ体重を落とすことに成功しました。

 

毎日、1km10分ペースで30分歩く。

それでは、消費カロリーを増やすための運動はどうすればいいのかについて説明していきます。

「水泳やジムだったら効果が高そう!」と色々と目移りするとは思いますが、僕はウォーキング一択です。

 

ウォーキングは無料かつ効果も高い

この5ヶ月半の間、雨が降らない限り毎日欠かさずウォーキングしてきましたが、断言します。

ウォーキングの効果は高いです。しかもタダ!w

 

こんなにコスパの良い有酸素運動はありません。

ここではウォーキングの詳しいダイエット効果についての説明は割愛させていただきますが、日々の消費カロリーを増やすという一点においては最強の運動です。

 

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

 

ウォーキングをどう取り入れるべきか?

ずばり、夕飯後に3kmウォーキングです。

 

その理由はこんな感じ。

  • 夕飯後なら、まとまった時間を取りやすい。
  • 食後に歩くことで、血糖値の上昇を抑えることができる。

 

問題は歩くスピードです。

これが結構大事で、効率よくカロリーを消費するためには1km10分ペースを守るべきです。

 

どれくらいのスピードかというと、かなり意識してスピードを上げて早歩きするレベルです。

僕は普段、RunKeeperというアプリを使っていますが、現在の歩行スピードもきっちり表示されるのでそれで確認すると良いです。

 

3kmがちょうどいい

これまでダイエットに取り組む中で、いろいろ試行錯誤してきました。

距離を1kmや5kmや10kmなどに変えてみたり、スピードを変えてみたり。

 

その試行錯誤の中でたどり着いたのが、3kmを30分で踏破することです。

人間の活動時間は限られているので、ウォーキングだけに時間をかけすぎるのもナンセンスだと僕は考えます。

 

だから、30分というのがちょうどいい時間だなと思っていますし、負荷的にも1km10分ペースというのは慣れればちょうどいいペースだと僕は確信しています。

 

まとめ:なるべく余裕を持ってダイエットに取り組むべき

いかがだったでしょうか?

 

ダイエットは正しい方法でやれば、必ず結果を出すことができます

だから、まずは今回僕が取り上げた3つの方法を実践してみてほしいと思います。

継続すれば、必ず結果は出ます。

 

ダイエットに成功したら、周りからの評価や、自分の自信の持ち方が180度変わります

正しい方法を知り、それを習慣化して、最後までやりきる!

ダイエットはたったこれだけの簡単な話なので、ダイエットに成功する人が増えることを祈りつつ、今回の記事を終わりたいと思います。

 

以上です。

 

人気記事【ダイエットの停滞期を抜ける前兆を感じ取る方法】ダイエット12日目

人気記事最短で痩せる方法【5ヶ月半で30kg痩せた体験談をお話します】

  • この記事を書いた人

やっぴー(YAPPY)

33歳、和尚兼フリーランス。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。テーマはダイエット、留学、英語、メルカリ必勝法など、自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

現在、30kgのダイエットに挑戦中!

-ダイエット

Copyright© YAPPY BLOG , 2020 All Rights Reserved.