家計節約

【エクセル家計簿】フリーランス主夫の家計管理方法紹介!

2019-11-02

【エクセル家計簿】フリーランス主夫の家計管理方法紹介!

こんにちは、やっぴー(@torinoolympic) です。

  • 「家計簿って毎回毎回つけるの面倒」
  • 「ついつい家計簿をつけるのを忘れてしまう」
  • 「気づいたら財布にレシートがたまっている」

家計を管理したいけどできていない人あるあるですね。僕も実際そこまでマメではないので、ガチガチに家計を管理するのは苦手です。

実際、僕の家庭はそこまで収入が多い家庭ではないですが、本記事でお伝えする家計管理方法できちんと貯金もできています。

その家計管理方法とはずばり、EXCEL家計簿です。しかも月に1回見直すだけの簡単管理です。

今回はそのやり方について紹介していきます。

 

【エクセル家計簿】フリーランス主夫の家計管理方法紹介!

エクセル家計簿①:家計予測表

EXCELで家計管理する方法は、ずばり家計予測表を作ることです。

こんな感じですね。

書き込む内容は固定収入、固定支出、わかる範囲で臨時支出、そして家計残高です。

固定収入、固定支出、臨時支出はその都度入力。家計残高は計算式を入れます。計算式はこんな感じ。

前月残高+今月の固定収入ー固定支出ー臨時支出=今月残高

 

家計予測表のメリット

この家計予測表のメリットは、年単位でお金の出入りの管理が可能ということ。それにより、大型支出に備えることが容易になるのが利点です。

例えば「このあたりで旅行行きたいけど家計的に大丈夫かな?」という時にも、試しに臨時支出のところに金額を入れてみると自動計算で残高が分かっちゃいます。

それにより、「残高厳しそうだからやめとこう」とか「余裕あるからいけるな」という判断基準になり得るのです。

 

家計予測表のデメリット

家計予測表の性格上、日々の細かい出費の見直しはできません

そこで、僕は毎月の固定費のシートも作って支出の管理も行なっています。

 

エクセル家計簿②:固定費管理シート

例として出すと、ざっくりこんな感じ。

使い方としては、家計管理表と連動させて使います。固定費管理シートの固定費総額と家計管理表の固定費をイコールで連動させてやるのもアリです。

僕の使い方はこんな感じ。

  1. 家計管理表で見た時に、臨時支出が無いのに残高が目減りしていないかチェック。
  2. もし目減りしているなら固定費を見直す。
  3. 固定費を見直すならまずスマホ代、次に保険。

家計予測表で大きな視点でお金の流れを見て、固定費管理シートで月々の細かいお金の流れを見る。それらを分析して改善する。

これが僕のEXCEL家計簿での家計管理です!

これで本編は終了ですが、ここまで説明したら、「じゃあ固定費はどうやって見直すの?」という質問も出てくるかと思いますので、そこについても軽く触れておきます。

 

固定費の見直し方

僕が思うに、固定費を見直す時の大事な考え方は、「それって本当に必要なの?」という視点。そこで確認すべき点は3つあります。

  • スマホ
  • 保険

これを見直すのが手っ取り早いです。僕はこれらの項目だけで、月3万円もの固定費を削減できました。

 

見直しポイント①:車

車は維持費が高いです。僕は普通車と軽自動車の2台車を持っていたのですが、普通車の方を処分しました。

「それって本当に必要なの?」と考えた時に必要がなかったからです。

僕を取り巻く状況と、思考回路はこんな感じ。

  • 妻と2人暮らし。
  • 妻は車で出勤するが、僕はフリーランスなので出勤することがない。
  • 買い物は妻が休みの日にすればいい。
  • 「車2台も絶対いらないよね?」
  • 「しかも普通車じゃなくてもいいんじゃない?」

こんな感じの自分を取り巻く状況と思考回路で、普通車の処分を決めました。

 

車をなるべく高く売却する方法

実店舗で売ると決めていたとしても、まずネットで相場を調べてみることをオススメします。相場はGoogleで調べてもなかなか出てきません。下記の買取サイトで実際に査定をしてもらって、相場を知ることからやってみてください。

ちなみに僕は下記のサイトで実際に見積をとって、その見積を元にリアル店舗で交渉して、相場より高値で売りました!

 

車の維持費を削るだけでだいぶ生活が楽に

車の維持費は多岐に渡ります。税金、ガソリン、冬用タイヤ、車検、その他メンテ費用…

普通車を1台処分するだけで、月1万円は軽く浮きます。

 

見直しポイント②:スマホ

「まだau、docomo、Softbankなの?」という話です。この格安スマホ全盛時代に、格安SIMに変えない理由がありません。

実際に僕はauからUQモバイルへの乗り換えをして、7,500円/月の節約に成功しました。

  • au→13,000円/月(僕8,000円+妻5,000円)
  • UQモバイル→5,500円/月(僕3,000円+妻2,500円)

乗り換える理由を「それって本当に必要なの?」のマインドで考えてみます。

auなどの大手キャリアはサービスが過剰です。

僕がauと契約していた時はデータ容量7GB+電話し放題のプランだったのですが、「それって本当に必要なの?」と思いませんか?

それに比べ、UQモバイルは下は3GBから上は14GBまで、ニーズや予算に合わせたプラン設定が可能です。僕は3GBで十分なので、一番小さいプランにしています。

他にも、電話も話し放題で8,000円の電話代を払うよりは、月60分まで無料で月500円の方が良心的ではありませんか?

UQモバイルだったら回線速度も問題ないので、スマホ代の見直しも視野に入れておくべきですね!

 

見直しポイント③:保険

保険も毎月の大きな出費を占める一つですよね。

保険って僕もよくわからなかったので放置してましたが、ここをしっかり節約すると結構大きいんです!

実はこの「よく分からない」というのがポイントで、

  • 親がずっと掛けてくれていた生命・医療保険の内容が”理解できてない”。
  • しかも、途中で切るのは何となく損しそうだから、そのまま”分からず”に保険料を払い続けている。
  • ”分からないから”保険のおばちゃんの言われるがままに契約した。

これらの状態、固定費にとってはかなり危険な状態です。

”分からない”と確実に損をします。

「同じ金額で保障がもっと充実した保険がある」かもしれないし、複数掛けている場合、実は「重複していた」、もしくは「過剰に掛けていた」なんてことも…。

 

保険はプロに聞こう!

正直、保険のことを自分で勉強しようとしても時間はかかるわ、よく理解ができないわ、良いところ無しです。なので、いっそのことプロに聞いちゃいましょう。

上記のところが、保険の見直しで有名どころです。

すごいのは、最初の相談だけ無料ということではなく、成約するまで無料というところです。成約した時の仲介料が彼らの収入源だから無料なんです。

僕はリアルに保険の見直しをして固定費を下げていますので、保険の見直しってどんな感じなのか軽くお話しておきます。そこでどれだけ固定費が下がったか公開することとします。

 

保険の見直しってどんな感じ?

  • 保険のことであれば何でも聞いて良いし、何でも答えてくれる。
  • 予算を伝えると、その予算に合うような保険を探してくれる。
  • 最初から最後まで無料相談。

保険のことであれば、何でも優しく教えてくれます。僕は本当に何も分からなかったので、生命保険の仕組みからわかりやすく説明してくれました。

予算に関して、僕は妻と2人で合計35,000円ほど毎月保険料を払っていましたが、全てを組み替えて25,000円に抑えた上に既存の保障をさらに手厚くしました。固定費的には10,000円の節約ですね。

無料ですし、固定費を大幅に節約できる可能性を秘めているので、まずは無料相談に行ってみることを強くオススメします。

 

まとめ

こんな感じで、EXCELの家計予測表+固定費管理シートを用いて、家計の大きな流れを見つつ、固定費の見直しを図る。

これができれば、あなたも貯金体質になれるはず!

以上です。

 

人気記事手っ取り早くネットで5万稼ぐ方法【これで私はパソコン買いました】

人気記事楽天カードの審査時間が早すぎる話【無職、ローン有の審査結果発表】




  • この記事を書いた人

やっぴー(YAPPY)

33歳、和尚兼フリーランス。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。テーマはダイエット、留学、英語、メルカリ必勝法など、自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

現在、30kgのダイエットに挑戦中!

-家計節約

Copyright© YAPPY BLOG , 2019 All Rights Reserved.