エジプト2019

【エジプト旅行記⑥】カルナック神殿~モスク~ハン・ハリーリでぼったくり【日本旅行】

2019年3月のエジプト旅行記です。

日本旅行のツアーで、9日間の旅程でした。

今回は、その7日目の模様となります。

前回記事(【エジプト旅行記⑤】ホルス神殿~王家の谷~ルクソール神殿)の続きになりますので、ぜひ続きでご覧ください。

 

【エジプト旅行記⑥】カルナック神殿~モスク~ハン・ハリーリでぼったくり【日本旅行】

7日目の朝7時。

おはようございます。

今回の旅7日目にして、ようやく遅く起きることができました。

 

しかし、この日の朝は少し忙しかったです。

なぜならば、トゥヤ号のチェックアウトがあるからです。

ご飯の時の水やジュース、アルコールの清算をこのチェックアウト時に行います。

 

メムノンの巨像

本来なら、6日目の日程にメムノンの巨像が盛り込まれていたのですが、昨日行った時には時間オーバーでクローズでした。

ということで、ガイドさんが申し訳なく思ったのか、わざわざメムノンの巨像に連れて行ってくれました!

ただの写真スポットではあるのですが、わざわざ連れて行ってくれたことがうれしかったです。

ガイドさん、ありがとう!

 

カルナック神殿

メムノンの巨像で写真撮影をした後は、ナイル川を船で西から東へ渡ります。

渡った先にバスが待っているので、バスでカルナック神殿へ。

こういう時、ツアーは何から何までやってくれるので本当に楽です。

 

カルナック神殿の観光

割と空いてて、地面もキレイです。

ゆっくり観光できました。

柱のところ。荘厳です。

有名な2本のオベリスク。

どこに居てもこのオベリスクが見えて分かりやすいので、自由行動後の集合場所になりました(笑)

当然、いつものレリーフもたくさんあります。

 

空路カイロへ

その後、ルクソールからカイロへ飛びます。

使用航空会社は、エジプト航空。

エジプト航空は良い意味で期待を裏切られました

お菓子がたくさんもらえます(子供か!笑)

 

モハメッド・アリ・モスク

カイロに到着したらまたバスに乗り込み、モハメッド・アリ・モスクへ。

元来は宗教施設ですが、今は観光地としての意味合いが強いとのことでした。

ちなみに、土足厳禁です。

靴カバーを1ドルで購入するか、袋をあらかじめ持って行って靴を持ち歩く必要があります。

僕は、袋を持参しました。

今までの観光地とは一味違った、静かな場所です。

壁や天井の装飾がとてもキレイなので、SNS映えすること間違いなし。

 

ハン・ハリーリ

本日の締めは、ハン・ハリーリです。

人多過ぎ。そしてぼったくり注意

気を抜いたらボラれます。

半額くらいならたやすく値引きできるので、ぜひ値切りに挑戦してみてください。

一言で言うと「カオス」

ザ・エジプトって感じで、一度体験するには面白い場所でした。

 

7日目のホテル:ラムセス・ヒルトン

7日目に宿泊するホテルは、ラムセス・ヒルトンです。

世界のヒルトングループだけあって、夕飯も部屋も豪華でした。

夕飯時には、僕たちが唯一の若い夫婦だったからか、窓側の2人だけの特等席へ招待。

セッティングしてくれた日本旅行のガイドさんありがとうございました!

 

ラムセス・ヒルトンの値段は?

宿泊比較サイトから値段を確認してみる

Agodaで予約する

Booking.comで予約する

Expediaで予約する

Hotels.comで予約する

 

お土産を買いに、隣のラムセス・ヒルトン・アネックスへ

夕食後はお土産を求めて、隣にあるラムセス・ヒルトン・アネックスへ。

ヒルトンという名前がつくからキレイなショッピングモールかと思ったけど、全くキレイな建物ではなかったです。

結局何も買わずにホテルに戻って、ホテルの売店で購入。

クレジットカードは怖いので、あらかじめ用意していったNEO MONEYで決済。

 

7日目も終わり。実質あと1日で終わり。寂しい。

これで7日目も終わり。

明日が最終日です。

長かったようで短かったエジプト旅行。

あと1日、全力で楽しみます!

それでは、おやすみなさい。

 

続きはこちら【エジプト旅行記⑦】サッカラ・ダハシュール~博物館~日本へ帰る

人気記事エジプト旅行の持ち物リスト2020年版

  • この記事を書いた人

YASU

お仕事(国内転職、海外転職)のこと、その他生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-エジプト2019

© 2020 @ / EASE.