ダイエット

和菓子と洋菓子のカロリー。どっちがマシなのか?

2019-08-03

30kg減量ダイエット記録 33日目 【和菓子と洋菓子どちらがマシ?】

こんにちは、やっぴー(@torinoolympic) です。

 

最近、昼ご飯の600kcalの中でお菓子を食べるようにしています。理由は圧倒的な糖質不足を補うのと、好きなものを食べられないストレスを少しでも和らげるためです。

 

そんなお菓子、和菓子と洋菓子どちらがダイエット中でもマシなのかを本日の特集記事で紹介します。

 

和菓子と洋菓子のカロリー。どっちがマシなのか?

あすけんのHPで勉強しました。

和菓子

■脂肪分が少なく低カロリー
和菓子は糖分が中心で、油脂類をあまり使わないため、甘さのわりにはカロリーが控えめです。生菓子は季節感を大切にし、美しく作られているので、味だけでなく目でも楽しめるのもうれしいですね。

 

洋菓子

■脂肪分が多く、カロリーが高め
バターや生クリーム、チョコレートを多く使う洋菓子は、脂肪分が多く、和菓子に比べるとカロリーが高め。また、砂糖も多く使いますが、脂肪+糖質は体脂肪になりやすい組み合わせ。食べすぎは禁物です。

出典:あすけんHP

 

予想通りです。和菓子は基本的には糖質のみでカロリー低め、洋菓子は糖質+脂質のダブルパンチでカロリー高めです。

和菓子の方がまだマシですね。

 

しかし!

 

和テイストと洋テイストが合体しているようないわゆる和洋折衷のスイーツは洋菓子を摂取するのと同じことになります。

またカロリー低めの和菓子とはいえ、食べ過ぎはカロリー過多になるので太ります。

 

僕の食べ方としては、完食の時間帯には決して食べません。昼ご飯と一緒に食べるようにしています。

昼ご飯を600kcalまでと決めているのですが、そのカロリー内に収まるようにお菓子を食事に組み込みます。

最初から食べるタイミングと量を決めておくことで食べ過ぎを防ぎます。

 

いつも買っているお菓子は2つだけ。基本的にはもらい物のおみやげのお菓子を食べています。

 

 

摂取カロリーのところで頻出する、朝ご飯用のカレ・ド・ショコラ88%と、昼ご飯のお菓子用のチョコわらび餅風こんにゃくですね。

 

カレ・ド・ショコラは1個27kcalで、チョコわらび餅風こんにゃくは1袋88kcalです。

 

特に、チョコわらび餅風こんにゃくは、開けた時に少しこんにゃくの匂いがしますが、口に入れると全く匂いはせず、歯ごたえが良く食べごたえがあるので、88kcalなのに満足感があります

 

昼ご飯後のスイーツにはオススメです。

 

ということで結論。

  • 和菓子は油分をあまり使わないお菓子なので、糖質のみでカロリー低め。
  • 洋菓子はバターや生クリームを使用するため脂肪分が多く、糖質+脂質のダブルパンチでカロリー高め。
  • よって、ダイエット中に食べるなら和菓子。

 

ダイエットの後押しサービスのご紹介

やっぴーのダイエットサポートサービス

 

今からダイエットを始めようと思っている方の背中を、ポーンと軽く押してあげるようなサービスを目指しています。

  • 初回カウンセリング(Skypeもしくはテキストベース)
  • カウンセリングの結果を元に、ダイエットの方向性のアドバイス
  • 1週間の食事分析サポート(日々食べたものを報告していただきます)
  • サポート後のカウンセリング(Skypeもしくはテキストベース)

 

これらをパッケージとして、限定5名様限り2,000円で販売いたします。(同時対応人数に限界があるため)

お申し込みは以下のフォームからお願いいたします。

24時間以内に、折り返し詳細をご連絡いたします。

 

 

人気記事【ダイエットの停滞期を抜ける前兆を感じ取る方法】ダイエット12日目

人気記事ダイエット5ヶ月目の結果を発表!【27kg減量成功のコツ公開!】

  • この記事を書いた人

やっぴー(YAPPY)

33歳、和尚兼フリーランス。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。テーマはダイエット、留学、英語、メルカリ必勝法など、自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

現在、30kgのダイエットに挑戦中!

-ダイエット

Copyright© YAPPY BLOG , 2020 All Rights Reserved.