ダイエット

30kg減量ダイエット記録21日目【順調に昨日比-0.9kg】

2019-07-22

30kg減量ダイエット記録 21日目 【順調に昨日比-0.9kg】

こんにちは、やっぴー(@torinoolympic) です。

 

 

昨日がダイエット21日目でした。

 

今朝の体重は98.1kgと、2日連続大幅減量成功です!

 

本日は体重計の体脂肪率の信憑性について特集していきます。

 

それでは、21日目の記録を紹介していきます。

 

30kg減量ダイエット記録21日目【順調に昨日比-0.9kg】

30kg減量ダイエット記録21日目【順調に昨日比-0.9kg】

 

 

21日目のデータ

 

項目 本日のデータ 昨日との比較
年齢 33歳 ±0
身長 176cm ±0
体重 98.1kg -0.9kg
体脂肪率 29.4% +0.9%
内臓脂肪レベル 17 -1
骨格筋率 29.9% -0.6%
体年齢 56歳 +1歳
基礎代謝 2,018kcal -22kcal

 

データ取りの条件

同じ条件でデータを取るように心がけています。

起床してからトイレに行き、水分を取る前に体重計に乗っています。

 

やっぴーの見解

 

昨日から0.9kg減です。

 

なぜか体脂肪率が爆上がりしています。

 

そこで、今回は体重計の体脂肪率の信憑性について勉強してきました。

 

 

体重計の体脂肪率の算出方法について、以下のように書かれていました。

 

一般的な体脂肪計は、電極のようなものに乗ったり、測定器を手で握ったりして、身体に微弱な電気を送り、その跳ね返りをみる、インピーダンス方式を採用しています。

これは、身体の水分量によって測定され、水は電気を通す、油は通さないという性質から、体脂肪の部分を割り出し体脂肪率を出すという仕組みです。

つまり、体脂肪そのものを測定するのではないので、水分量によってその数字が変化してしまいます。

例えば、サウナに入ると、汗をたくさんかくので体重がその分減ります。

しかし、減っているのは全部水分。

体脂肪は落ちていませんから、サウナに入る前と入った後では、体脂肪率は増加する傾向にあります。

ランニングなどの有酸素運動をして、汗をたくさんかいた場合も同様です。

汗の水分量で体重が落ちても、体脂肪量は少ししか減ってないので、体脂肪率は増加するということが考えられるんです。

出典:https://nikkan-spa.jp/257261

 

要するに、体脂肪率はカラダの水分を測定することによって算出されているということですね。

 

水分と体脂肪は反比例の関係となり、

  • 体内の水分が増えれば体脂肪率が減る。
  • 逆に水分が減れば体脂肪率が増える。

という図式が成り立ちます。

 

では、筋トレ後の体脂肪率はどのような動きをするのか、こんなことが書かれていました。

 

では筋力トレーニングのような、有酸素運動に比べて体重に変化が起きなさそうな運動ではどうでしょうか?

実は、筋力トレーニング後は、体脂肪率が下がる傾向にあります。

もちろん、体脂肪がいっぺんに減るということではありません。

理由は、パンプアップというもので、筋力トレーニングを行ったことがある方ならご理解頂けるかと思いますが、重りなどを持って筋肉に刺激を入れ続けると、乳酸という物質が代謝されます。

その状態になると、筋肉中の浸透圧が高まり、水分量が増加します。

つまり水ぶくれ状態になるのです。

ということは、体脂肪率はどう変化するでしょうか?

正解は体脂肪率は下がる傾向にあります。

当然、水分量が増して筋肉量が多いと判断されますから、体脂肪率は下がるのです。

もちろん、体脂肪量にはほぼ変化はありません。筋肉にどう刺激を入れたとか、水分をしっかり摂っていたか、人によって反応が違ってきます。

https://nikkan-spa.jp/258014  

 

ぼくは筋トレしたら単純に筋肉が増えるから体脂肪率が減ると思ってましたが、そうではないのですね!

 

理論的に説明すると、筋トレすると筋肉中に乳酸が発生し、筋肉中の浸透圧が高まり、水分量が増えるため体脂肪率が低くなるということ。

 

今回勉強したことをまとめると、以下の通り。

 

  • 体脂肪はカラダの水分量を測定して算出。
  • カラダの水分量と体脂肪率は反比例の関係。
  • 筋トレして体脂肪を測定しても、それは異常値である。

 

要は、毎日同じ条件で測定して変化を見るのはいいが、異なる条件下で測定して一喜一憂するのは良くないということです。

 

水分量と体脂肪率が反比例であるという仕組みを利用して、仮説を立てました。

 

  • 今回体脂肪率が爆上がりしたということは、カラダの水分量が減っているということ。
  • ということは、水分量が通常に戻ることが想定されるので、体重が増加するかも。

 

今後も体重や体脂肪率の増減はあるでしょうが、それに一喜一憂せずに、やるべきことを毎日やっていくのみです!

 

ちなみに昨日の寝る前の体重は98.8kgだったので、寝ている間に0.7kg減

 

良いペースで落ち過ぎて逆に怖い。

 

それでは、21日目のエネルギー収支です。

 

21日目のエネルギー収支

 

21日目の摂取カロリー

 

項目 摂取カロリー(kcal)
バナナ 1本 86
間食 カレ・ド・ショコラ88% 1個 27
海鮮丼 1人前 765
海鮮味噌汁 1杯 100
キャベツ 180g 41
かまぼこ 45g 39
玉子豆腐 70g 30
豚冷しゃぶ 50g 132
ノンオイルドレッシング 45g 45
総計 1265

 

昨日の食事のコンセプトは以下の通りです。

 

  • 朝はバナナ(86kcal)。
  • 昼は外出先で海鮮丼セットを食しました。(865kcal)
  • 夜は豚しゃぶサラダと玉子豆腐(287kcal)

 

昼ご飯に2日連続で白米を食べました。

 

これが今後の体重にどう出るのか、少し不安ではあります。

 

21日目の消費カロリー

 

項目 時間/回数 消費カロリー(kcal)
ウォーキング 34分 228
総計 228

 

21日目ウォーキング記録

 

安定の夜ウォーキングです。

 

しかしながら、今週も雨が続きそうなのでスクワットの出番が多くなりそうです。

 

21日目のエネルギー収支

 

7/21のエネルギー収支:-1,003kcal

 

データで経過確認

データで経過確認

 

日付 体重(kg) 体脂肪率(%)
2019/7/1 105.0 30.5
2019/7/2 103.6 30.9
2019/7/3 103.4 30.8
2019/7/4 103.2 30.8
2019/7/5 103.2 30.6
2019/7/6 102.4 30.9
2019/7/7 101.6 30.9
2019/7/8 101.4 31.0
2019/7/9 101.2 30.3
2019/7/10 101.2 30.5
2019/7/11 101.2 30.4
2019/7/12 101.2 30.2
2019/7/13 100.4 30.5
2019/7/14 100.2 29.3
2019/7/15 100.8 29.9
2019/7/16 100.8 29.9
2019/7/17 100.6 29.3
2019/7/18 100.0 29.4
2019/7/19 100.2 29.4
2019/7/20 100.0 28.3
2019/7/21 99.0 28.5
2019/7/22 98.1 29.4

 

 

累計6.9kg減です。

 

一つ2桁体重の壁を超えて、さらに減量が加速している感があります。

 

この勢いがいつまでも続くとは思っていないので、日々コツコツとカロリーをコントロールしていくのみです!

 

現時点での総エネルギー収支:-27,348cal(残り188,652kcal)

現時点での(理論上)総脂肪減少量:約3.8kg

 

以上になります。

 

もし、この記事のことでもっと詳しく知りたいことや質問などがあれば、Twitter(@torinoolympic)またはTOPページの問い合わせフォームにて受け付けております。お気軽にメッセージください。

 




  • この記事を書いた人

やっぴー(YAPPY)

33歳、和尚兼フリーランス。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。テーマはダイエット、留学、英語、メルカリ必勝法など、自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

現在、30kgのダイエットに挑戦中!

-ダイエット

Copyright© YAPPY BLOG , 2019 All Rights Reserved.