留学

初めての留学の手順を解説〜決意してから渡航まで〜

2019-06-03

カナダ留学を考えている人「カナダに行くのは決めたけど、どこに行けば良いんだろう?どの学校に行けば良いんだろう?経験者の人の意見を聞いてみたいな。」

 

こんな疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は、カナダに5年留学していました。カナダの大学も卒業できました。

留学準備って、やり方がよくわからないと思います。

僕も、最初は手探りでした。

本記事では、5年留学した僕がオススメする学校の決め方や、Apply方法など、留学準備の進め方を紹介していきます。

 

初めての留学の手順を解説〜決意してから渡航まで〜

 

留学する学校の決め方

留学する学校の決め方は、「①留学に行きたい都市を決める→②その都市の学校から決める」みたいな感じでOKです。

 

留学に行きたい都市の決め方

色々なアプローチがあります。例えばこんな感じ。

  • 利便性重視。
  • 日本人が少ないところがいい。
  • 友達・知人がいる。
  • 気候がいい。
  • 単に気に入っている。

本当に何でもいいです。

 

利便性と日本人の多さは比例しています。

当然、バンクーバーやトロントなどの都会は利便性が高いので住みやすいですが、日本人も多いです。

逆に田舎は利便性が悪い分、日本人の絶対数が少ないです。

 

つまり、自分の希望を全て叶えてくれる留学先はないので、好みで選んでも全然OKということです。

学校の選び方〜Apply方法についてはこちらの動画で解説しているので、もし時間があればご覧ください。

 

学校にApplyする方法

自分で行きたい学校を決めて、その学校のホームページから自分でApply(出願)します。

 

Apply自体は簡単

ちなみに僕が大学にApplyした時は、TOEIC530レベルで、大学付属のESLの真ん中のレベルからスタートするくらいの英語力でした。

そんなレベルでも、自分で調べながら手続を進めることができたので、調べながらやれば誰でもできるはずです。

内容は、フォームへの個人情報の入力と、その後の担当者との英語でのメールのやりとりです。

もしどうしても無理そうであれば、僕がお手伝いいたします。

下のフォームよりお問い合わせください。

[wpforms id="613"]

 

Applyの流れ

  1. Apply
  2. 合格であれば、Letter of Acceptanceが送られてくる。
  3. 学生ビザの申請ができるようになる。

こんな流れで、とってもシンプルです。

 

Application Fee(出願料)の支払いが必要

Applyする時に、Application Fee(出願料)の支払いのためにクレジットカード番号を聞かれます。

だいたい200CAD前後かかるので覚えておきましょう。

 

Letter of Acceptance・Conditional Offerとは

全ての審査プロセスが終わって合格したら、Letter of Acceptance(入学許可証)が送られてきます。

 

ちなみに大学にApplyした人は、入学に必要な英語力を満たしていない場合に限り「条件付き合格(Conditional Offer)」になる可能性もあります。

Conditional Offerとは、ESLを卒業すると言う条件を満たしたら大学に入学できるという制度です。

要するに、英語力が足りてなくてもとりあえずApplyしておけば、Conditional Offerをもらえるという話です。

 

大学留学を目指していて英語力が足りていない人は、すぐにでもApplyするのが賢明です。絶対にカナダで勉強する方が、英語力が伸びます。

これで晴れて、Study Permit(学生ビザ)の申請に移ることができます。

 

Study Permitの申請

カナダでは6ヶ月以上勉強する場合、学生ビザ(Study Permit)が必要になります。

Study Permitの申請は、あらかじめ必要書類を揃えて、オンラインでガイダンスに沿っていけば簡単にできるものです。

ただし当然ながら全て英語なので、「難しいな…」と感じてしまうかもしれませんが、できれば自力でやり遂げたいところです。

Study Permitの申請には、下記のものが必要となります。

  • スキャナーもしくはカメラ
  • 有効なクレジットカード
  • パスポート
  • 出願した学校からのLetter of Acceptance
  • 証明写真
  • 残高証明書(「学費+(滞在期間×1000CAD)」分の銀行の残高証明)

 

Study Permit申請の注意事項

申請料で150CAD。それに加えて、2019年から指紋認証で別途85CAD取られますのでご注意ください。合計235CADです。

もう一つの注意点として、学校のApplyをできるだけ早くしておいたほうがいいということです。

なぜなら、学校からLetter of Acceptanceをもらうのにも時間がかかるし、Study Permitの申請をしてから受け取るまでも時間がかかるからです。

先回りして日にちを計算しておかないと、Study Permitとの引き換え券の形となるPOE Letterの発行が渡航日ギリギリになってしまう可能性があります。

 

渡航前準備

 

航空券の予約時期

航空券はStudy Permitまで全て揃った時点でするようにしてください。見切り発車だと、渡航までに書類が揃わない可能性もあります。

ただ、航空券の値決めの性質として、早めの予約ほど安くなるという性質があります。

なので、なるべく早く予約するためにも、早めにそこまでの準備(学校決め〜ビザ申請まで)を済ませておきましょう。

 

予約が空いているならJALがオススメ

僕がオススメするのはJAL便。カナダといえばAir Canadaですが、Air CanadaはJALと比較すると値段があまり変わらないのにサービスの質が悪いです。

 

留学中の荷物について

荷物は結構悩みます。なぜなら、スーツケースの容量は限られているからです。スーツケースって、意外とすぐにパンパンになります。

荷物が多くなってしまうという悩みの解決方法としては、本当に必要なものだけ持っていくことですね。

例えば「カナダ=寒い」というイメージだけでめちゃくちゃ頑丈なダウンを持っていったところで、もしバンクーバーだったらほぼ出番なしです。なぜならバンクーバーはカナダの中でもかなり温暖な地域だからです。

といった感じで、持っていくべき「本当に必要なもの」を絞るために、ある程度リサーチすることが必要になってきます。

 

住む場所を決める

次に、住む場所を決めます。

最初の渡航だとホームステイが一番オススメですが、もし自由が欲しければ学校の寮あたりでも良いかもしれません。

 

ホームステイの場合

ホームステイならば、学校にApplyする時にだいたい一緒に申し込めると思います。

応募フォームの中に「ホームステイにしますか?寮にしますか?」みたいな選択肢があるはずです。もし無ければメールで質問してみましょう。

 

学校の寮の場合

続いて学校の寮ですが、結構人気が高いので注意が必要です。

理由は安いし、学校の近くにあって学校に行きやすいからです。あまりに直前すぎるApplyだとキャンセル待ちになることもしばしばです。

どうしても学生寮に住みたいのであれば早めのApplyをオススメします。

 

渡航後のお金の管理方法について

渡航後のお金の管理方法についても軽く触れておきます。

渡航後のお金の管理方法は、滞在期間別でお得にお金を管理できる方法が変わってきます

 

ここでは全てを説明しきれないので、下記の別記事にて期間別のオススメのお金の管理方法を紹介しています。

参考にしてみてください。

 

留学準備につまずいたら、留学エージェントを利用するのもアリ

エージェント

留学エージェントは高いんじゃないの?」と否定する声もありますが、結論として「効率よく準備するために利用するならありかな」と思います。

事実として、別に留学エージェントを使わなくても留学することは可能ですし(僕はアドバイスをもらう以外、手続は全部自分でやりました)、エージェントを使うからと言って留学費用が安くなるわけでもないです。

 

じゃあ、留学エージェントを利用するメリットは何かというと「質の良い情報を自分で調べずして手に入れることができる点」かなと思っています。

こんなことを言うと留学エージェントに怒られそうですが…とはいえ、結局留学後は「留学した本人」が道を切り拓いていかないといけないわけで、「全部自分一人で準備してやる!」という気持ちがあれば、別に留学エージェントは不要ですね。

 

なお、おすすめ留学エージェントは「おすすめの留学エージェント・留学サイト4選【留学経験者が厳選】」にまとめています。

全て無料でカウンセリング可能なので、自分で準備することも検討しつつエージェントの情報もチェックしておくのがいいかなと思います。

おすすめの留学エージェント・留学サイト4選【留学経験者が厳選】
カナダ留学のおすすめ留学エージェント【全て無料!口コミ・評判も】

はじめまして、個人留学エージェントのやっぴー(@torinoolympic) です。   カナダ留学の情報集めに苦労している人「どこに留学するかも決め ...

続きを見る

 

以上です。

 

人気記事カナダ留学の期間別費用まとめ【1週間の短期〜1年の長期まで】

人気記事英語の効率のいい勉強法5選【TOEIC880の留学生がオススメ】

  • この記事を書いた人

こーばく

ブログ、YouTubeの人。

自由な暮らしをテーマに、生活に役立つ情報を発信中。
ブログは、必ず自分の体験談を交えて執筆するよう心がけています。

2019年、30kgのダイエットに成功!

-留学

Copyright© 主夫旅 , 2020 All Rights Reserved.